コールセンターの仕事

 

最近増えてきた求人の中に、コールセンター業務があります。顧客と企業をつなぐ部署で、電話の対応を専門で行っていきます。窓口業務の一つでもあり、その施設をコールセンターと呼ぶのです。近年重要視されるようになってきた部門の一つで、アウトソーシングしている会社も増えてきました。

規模もまちまちで、小規模で数人程度のところから、巨大なコールセンターまでさまざまあります。小さなところでは、臨機応変に対応していくこともありますが、巨大化すればするほどマニュアルが徹底され、対応方法が明確化される傾向にあります。だからと言って、すべてマニュアルでできるわけではなく、その場で対応できるだけの柔軟な対応力が求められるといっていいでしょう。 電話対応業務だといっても、電話とメモ帳で進められる仕事ではありません。コンピューターで対応するところがほとんどで、内容を受信するだけではなく、全員で情報の共有ができるようなシステムになっているところもあります。そのため、電話応対のスキルとともに、コンピューターに対する特性もなければいけないといえるでしょう。その中でもタイピングスピードは重要で、一日の対応数を変化させる要因ともなるからです。

様々な機器の中で仕事をしていくのがコールセンターですが、通常電話の先にある世界で内容はあまり見えてこないでしょう。そこで、どんな仕事をしているか、様々な視点で情報を記載してあります。求人の募集に応募する場合にも重要なこととなりますので、有効活用していただけたら幸いです。

Copyright © 2014 コールセンターの仕事内容 All Rights Reserved.